fbpx

中国輸入って「どういう流れ」でやってるの?全体の流れを解説!

中国輸入って「どういう流れ」でやってるの?全体の流れを解説!

 

そもそも、中国輸入って「どういう流れ」でやってるの?

 

 

どうも、JUNです!

 

今回は「輸入ビジネス」の
おおまかな流れをご説明します!

 

僕も輸入ビジネスを始めるにあたって
まずはこの流れを把握してから
その後の細かい部分を勉強していきました。

 

流れがわかっていないと
全体のイメージが湧かないですからね。

 

イメージが沸かないと
ゴールが見えないので結局途中で
挫けてしまったりします。

 

途中で挫けることを避けるためにも
これを読んで、ざっくりで良いので
全体像を想像できるようにしてみてくださいね!

 

中国輸入ビジネスとは?

 
 image1

 

輸入ビジネスの中で
JUNが仕入れている80%が中国になります。

 

※残り20%は後々ブログで書いていきます!

 

JUNがやっている輸入ビジネスは
「中国で買った(作った)商品を日本で販売する」
という中国輸入ビジネスです。

 

日中間の商品販売価格には
大きな差】が存在しています。

 

海外旅行に行ったことがある方は
こんな経験をしたことがあると思います。

 

日本にある商品と同じようなモノでも
日本で買うのと海外で買うのとでは
価格が全く違ったなんてことありませんか?

 

国によって文化も違えば
景気だって全然違います。

 

違いがあるからこそ
このような価格差が生まれます。

 

その差額で儲けよう
というのが中国輸入ビジネスをやる目的です。

 

例えば、タオバオやアリババで
安く購入した商品を、Amazonや楽天などの
日本のプラットフォーム上で高値で販売して
その差額で儲けるのが一般的な手法になります。

 

中国輸入の流れとしては
5段階のステップがあります。

 

  1. 【商品リサーチ】
  2. 【商品の発注】
  3. 【商品を日本へ輸入】
  4. 【国内での販売】
  5. 【在庫のリピート発注】

 

最近だとヤフオクやメルカリなどで
販売されている方も目立ちますよね。

 

ちなみにメルカリは
個人間の売買が目的のフリマアプリです。

 

業者のような売り方は
メルカリ上ではルールやモラルに反します。

 

メルカリで中国輸入の商品を
業者のように販売する方法は
僕はオススメしていません

 

基本的な流れ

 

上述したように、中国輸入では
5段階の流れをサイクルして販売をしていきます。

 

その5段階のステップを
少し噛み砕いてご説明しますね!

 

     

  1. 【商品リサーチ】
    アリババやタオバオなどから輸入する商品を選びます。
  2.  

  3. 【商品の発注】
    お金を払い発注します。
    基本的には代行業者さんに変わりに購入してもらいます。
    業者さんを挟むことによってトラブルを防止したりできます。
  4.  

  5. 【商品を日本へ輸入】
    インボイスの発行から関税支払いまで
    しっかり行うことで海外製品を日本へ通関させることができます。
  6.  

  7. 【国内での販売】
    アマゾンや楽天などの
    プラットフォームで販売をしていきます。
  8.  

  9. 【在庫のリピート発注】
    継続的に販売をするのであれば
    OEM・ODMなど自身のオリジナルブランドとして商品を加工し
    発注をかけるなど行っていきます。
  10.  

 

1〜5を繰り返していく感じです。

 

どれも手を手を抜くと失敗するので、
一連の流れの全てがひとつのものを
作り上げていると意識する
ことが大事です。

 

1〜5の作業をバラバラに考えるのではなく
1つの中国輸入というビジネスを
5ステップで構成していくイメージです。

 

中国輸入をやられている方は
基本的に上記の1〜5をやっています。

 

そして、中国輸入で成功している方は
1〜5をスムーズに滞りなく行っています。

 

うまくいかない人の特徴として
1〜5の作業をスムーズに行えていません。

 

5段階の作業をバラバラに
考えてしまっているわけですね。

 

例えば、商品が届いてから
商品の画像を作り始めたり
在庫がなくなってから再発注したりなどです。

 

一連の作業をスムーズに行うために
次のステップの準備をするようにしてくださいね!

 

これができなければ
いつまでたっても大きく成功することが
できないままになってしまいます。

 

①〜⑤までの細かい内容は
今後、少しずつブログで
アップしていきますのでご期待くださいね!

 

最初は全体像から入っていきましょう!

 
image2

 

なんとなく輸入ビジネスの
全体像をイメージできましたか?

 

最初はこの「なんとなく」が非常に大事です。

 

やっていくうちに、なんとなく
ぼんやりイメージしていたものが
少しずつハッキリ見えてきます。

 

少しずつハッキリと
見えてくるようになっていたら
成長】できている証拠です。

 

商品リサーチでは
需要の大きさ
需要と供給のバランス
利益が出るのか
をしっかり見極めください。

 

その上で
商品理解度
市場理解度
を深めていってください。

 

輸入における法律を知り
中国の文化を知り国を知っていく
ということが大切です!

 

ひとつひとつ理解を深めながら
やっていけば、おのずと結果は出ます。

 

一歩ずつ、確実に進んで
がんばっていきましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です