中国輸入で中国語を覚える必要はない理由を説明

 

中国語はマスターしなくても大丈夫!!

 

 

どうも、JUNです!

 

中国輸入をやっていると、
中国語がわからなくても中国輸入できるの?
という質問をされることが多くあります。

 

答えは、できます。

 

というか、中国輸入で稼げていて
中国語が読める、話せる人なんて
ほとんどいないと思います。

 

実際に、JUNも中国輸入を始めて
数年が経ちますが、中国語に関しては
全く上達していませんしわかりません。

 

なので、中国輸入をやるからといって
中国語を覚える必要はありませんよ!

 

ということで、今回は
中国輸入で中国語を覚える必要はない理由
についてお話させていただきます。

 

Google Chromeの翻訳機能を活用して日本語ページに

 

 

Google Chromeの翻訳機能をご存知ですか?

 

Google Chromeの翻訳機能を使えば
海外のサイトでも、一瞬で
日本語に翻訳した状態に表示できます。

 

翻訳する方法もめちゃくちゃ簡単ですし
非常に便利ですので、知らなかった!
という方は、ぜひ覚えてくださいね。

 

アリババ

 

 

上記の画像は
中国サイトであるアリババです。

 

アリババのような海外のサイトで
右クリックをすると【日本語に翻訳
というタブが出てきます。

 

その【日本語に翻訳】を選択すると
ブラウザが自動で翻訳して
日本語でサイトを表示してくれます。

 

ページごとに翻訳してくれるので
わざわざ翻訳サイトを開かなくても
日本語のページに表示できるのです。

 

この機能を使えば、中国語が読めなくても
リサーチをするときに困りませんね!

 

代行会社を使えばやりとりも日本語でできる

 
代行会社を使えばやりとりも日本語でできる

 

最近では、ほとんどの代行会社に
日本語ができる中国人のスタッフがいます。

 

スタッフは日本語と中国語ができるので
あなたの意思をしっかり伝えれば
値段交渉などの取引もうまくできます。

 

代行会社を介さず
直接ショップに連絡したい場合でも
翻訳サイトで翻訳をすれば取引できます。

 

そのため、中国輸入をやるからといって
中国語をわざわざ一から覚える必要はありません。

 

思わぬ落とし穴もある!

 

 

代行会社の通訳さんを介して
工場と交渉する場合に、意識して
注意してほしいことがあります。

 

それは、日本と中国では
言葉の受け取り方が違う
ということです。

 

例えば、「この商品いりますか?」
と聞いて「大丈夫です」と言われたら
ほとんどの日本人はいらないと受け取ります。

 

ですが、ほとんどの中国人は
大丈夫=OK=いる
という風に受け取るのです。

 

実際に、僕の友人でも
「大丈夫です」と言った結果、
見に覚えのない商品が大量に発注
されていたということがありました。

 

なので、中国人の通訳さんと
やり取りをするときには
【イエス】なのか【ノー】なのか
はっきり伝えるようにしてくださいね!

 

いるのなら、いる!
いらないのなら、いらない!

 

明確にはっきり伝えないと
あとで痛い目をみることになります。

 

むしろ中国語は覚えないほうがいい!?

 
むしろ中国語は覚えないほうがいい!?

 

 

もちろん、外国語ができたほうが
ビジネスでは有利ですので、
できることなら覚えたほうがいいです。

 

ですが、特別な理由がない限り
中国語を覚えようという意識は
捨ててください。

 

先程も述べましたが、
中国語ができなくても、中国輸入はできます。

 

翻訳機能を使うことができれば
商品のリサーチも、仕入れも、
ショップとの値段交渉もできます。

 

つまり、中国語を覚える
必要がないということですね。

 

翻訳についてはコツがありますので
それはまた別記事でまとめました。

 

よろしければこちらもご覧ください!
 
中国輸入リサーチにおける簡単翻訳のコツとは 中国輸入リサーチにおける簡単翻訳のコツとは

 

また外国語をマスターするのは
思っている以上に
体力も時間もかかります。

 

理解できずに、ストレスさえ
感じてしまうかもしれません。

 

必要がないことに
そのリスクを負うのは避けましょう。

 

というか、むしろ中国語を
覚える時間があるのなら、その時間を
他の作業をする時間に充ててください。

 

人生の中で、
時間はお金と同等の価値があります。

 

する必要のないことに時間を
費やしてしまうのはもったいないです。
 
「やらないことを決める」それが経営。スティーブ・ジョブスの名言の重要性を説く 「やらないことを決める」それが経営。スティーブ・ジョブスの名言の重要性を説く

 

今の自分がすべきことを
しっかりと明確にして、効率よく
ビジネスをしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です