把握しよう!amazonのFBA出品は保管手数料がかかる!

 

FBA出品は保管手数料がかかる

 

 

どうも、JUNです!

 

AmazonでFBA販売をする際には
FBAの倉庫に商品を預けますよね?

 

その預けた商品に対して、
それぞれ在庫保管手数料がかかる
ということは、ご存知でしたか?

 

保管手数料を計算しないで利益率を
算出すると、思いがけない出費として
費用がかさみますので、把握しておきましょう!

 

ということで、今回は
AmazonのFBA出品は保管手数料がかかる
ということについてお話していきます!

 

在庫保管手数料とは

 

 
Amazonフルフィルメントセンターにて
お預かりしているすべてのFBA商品に

商品サイズの立方メートルで計算された
日割りの在庫保管手数料が月単位で発生します

 

商品の立方メートルは
FBA – ポリシーと要件に従って梱包され
発送可能な状態にある商品のサイズで計算されます。
梱包された商品のサイズ(立方メートル)や
重さの計算方法、または使用されるサンプルについては
Amazonが独自に規定する権利を有します。

 

Amazonにより測定され、Amazonの計測結果と
出品者からの情報が一致しない場合は、
Amazonの計測方法に準拠するものとします。
 
※amazonより抜粋

 

つまり、FBA倉庫にある全ての
商品に在庫保管手数料というものが
毎日、かかっているということです。

 

AmazonでFBA販売を行う際には
Amazonフルフィルメントセンターに
商品を保管する事になりますよね?

 

その保管期間中にかかるのが
在庫保管手数料】になります。

 

それなりの金額になりますので
甘く見ていては痛い目に遭いますよ!

 

では、この在庫保管手数料の
料金や支払日が、どのように
決められて
いるのか、を見ていきましょう!

 

在庫保管手数料の料金

 

 

在庫保管手数料の料金は

【商品のサイズ(体積)と保管日数
によって、計算されます。

 

上記画像を見ていただければ
在庫保管料金を算出できます。

 

1月〜9月の期間と
10月〜12月の期間では
保管料が異なります。

 

小さな金額に見えますが、
積もれば大きな金額となります。

 

思いがけない出費を出さない
ためにも、忘れずに注意しましょう!

 

また、保管日数は
FCに商品を保管した日から
購入者に商品を出荷した日まで
の期間を指しています。

 

保管期間が長ければ長いほど

商品サイズが大きければ大きいほど
在庫保管手数料は高くなります。

 

後ほど解説していきますが
商品がなかなか売れずないからと
長期に渡って倉庫に保管し続けると
長期保管手数料がかかってきます。

 

こちらは中々高額になりますので
合わせて、ご確認してくださいね!

 

FBA料金シュミレーターを使おう!

 

 

在庫保管手数料を計算しよう!
と言われてもめんどくさいですよね。

 

計算式などを教えられても
ぶっちゃけよくわかりません。

 

こういうときに役立つのが
FBA料金シュミレーターです。

 

FBA料金シュミレーターを使うと
簡単に、すぐに保管料を計算できます。

 

FBA料金シュミレーターについては
下記の記事にまとめてありますので
もしよろしければ、ぜひご覧ください!
 

無料ツール!FBA料金シュミレーターで利益計算をしよう!

 

では、FBA料金シュミレーターを使って
在庫保管料を確認していきましょう!!

 

  1. まず、Amazon上で
    扱いたいと思う商品と同じ大きさの商品
    を選んで、ASINをコピーする。
  2.  

  3. コピーしたASINを
    FBA料金シュミレーターで検索する。
  4.  

  5. 検索して商品を選択したら
    商品の原価を入力して計算する。
  6.  

  7. FBA手数料の項目に
    【月額保管手数料と配送代行手数料】
    が表示されているので、確認する

 

 

上記画像の赤ラインの部分に
月間保管手数料が記載されていますね!

 

リサーチの時は、このように
料金シュミレーターを使って原価の
概算を算出しても良いと思います!

 

在庫保管手数料の支払日

 

 

在庫保管手数料は
月単位で請求されます。

 

毎月7日から15日の間に
前月分の
在庫保管手数料の計算が行われ

次回の決済時に請求されます。

 

トランザクションから
どれくらいの在庫保管手数料が
かかっているのかを見れます。

 

また、レポートを
ダウンロードすることで
一覧を確認することも出来ます。

 

レポートをダウンロード

 

 

在庫保管手数料を詳しく知りたい
という方は、以下の手順で
レポートをダウンロードしてください。

 

  1. アマゾンセラーセントラルを開く
  2. ヘルプページの検索画面を開く
  3. 「在庫保管手数料レポート」と、検索

 

そうすると、レポートを
ダウンロードできる画面が表示されますので
そこからダウンロードしてください!

 

長期在庫保管手数料には気をつけよう!

 

 

長期在庫保管手数料は
2017年8月15日に
追加された
Amazonの新ルールになります。

 

長期在庫保管手数料の内容として
180日以上保管している商品には
在庫保管手数料とは別に料金がかかります

 

長期在庫保管手数料の料金は

1000立方センチメートル(10cmx10cmx10cm)
あたり、
87.4285円請求されます。

 

これは在庫1個辺りにかかってきますので

180日間保有している在庫が

100個になれば8743円かかってしまいます。

 

半年間在庫を保有することは避けて
回転率の高い商品を
販売するように心がけましょう!!

 

そもそも半年も回転しないような
商品は絶対にやめた方は良いです。

 

安売りでさばいてしまって
次の商品を始めた方が良いですね!

 

また、FBA倉庫に、在庫を
大量にいれる場合は、回転率を考えて
タイミングを見計らってください。

 

無駄な出費をしないように
しっかりと在庫管理をしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です