fbpx

FBAマルチチャネルの値上がりをスルーしていたらヤバイです! (相乗り販売者の方は特に!)

FBAマルチチャネルの値上がりをスルーしていたらヤバイですよ! (相乗り販売者の方は特に!)

 

Amazonがマルチチャネルの値上げを決定!

 

 

どうも、JUNです!

 

Amazonを運用されている方であれば
もう周知の事実かと思いますが、先日、
Amazonからこんなメールが届きました。

 

 
日頃より購入者様へのサービス向上に多大なるご協力をいただき誠にありがとうございます。 

 
弊社では過去2年間MCF手数料を据え置くように努めてまいりましたが、近年の輸送およびフルフィルメントに係るコストの大幅な高騰を受け、MCF手数料を増額させていただくことになりました。 

 
本件につきまして事前にご通知申し上げます。
出品者様のご理解を賜りたくよろしくお願いいたします。 
 
※amazon出品サービスより
 

 

JUN

MCF=マルチチャネルのことです!

 

ついに、マルチチャネルの
値上げが決定してしまったのです!

 

しかも、値上げの実施開始は2019年の
7月16日からと、もうすぐ始まります!

 

日経でもニュースになってます。
 
参考 アマゾンジャパン、他社サイト向けの配送代行値上げ 日本経済新聞

 

マルチチャネルって何?という方は
以下の記事を参考にされてください!
 
知ってると便利!マルチチャネルの内容と使い方を公開知ってると便利!マルチチャネルの内容と使い方を公開

 

JUNが取り扱っているOEM商品というのは、
Amazon以外の他モール(ヤフショなど)でも
販売をしているのですが、その関係でJUNも
現在マルチチャネルの恩恵を受けています。

 

というのも、僕は【他モールで売れた商品を
Amazonのマルチチャネルと連動して発送を
してくれるサービス
】を利用しているんです。

 

そのサービスに関する詳細については
以下の記事が参考になると思いますので
ご興味のある方はこちらをご覧ください!
 
FBAに預けている商品をヤフーショッピングで購入したお客様に自動発送する方法FBAに預けている商品をヤフーショッピングで購入したお客様に自動発送する方法

 

つまり、JUNはマルチチャネルを使って
配送している商品があるということです!

 

JUN

ちなみに僕の場合、1ヶ月間のマルチチャネルでの発送件数は1000件以上あります!

 

それでは、今回の値上げによって
今までとどれくらいの差額が出るのか
実際に見ていきたいと思います!

 

料金改定前の価格

 
料金改定前の価格表

 

上記の画像が現在の料金になります。

 

JUNの商品の場合、「メディア以外」の
「標準商品」がメインになるので
1件につき以下の送料がかかっています。

 

出荷作業手数料(135円)+発送手数料(397円)=発送代行手数料(532円)

 

つまり、1件につき532円の送料が
かかっているということですね!

 

キレイなダンボールに詰めてくれて
ズレないようにビニール止めもしてくれて
配送手続きしてくれて、出荷してくれて
配送までしてくれて532円な訳ですから
正直、めちゃくちゃ安いと感じています!

 

料金改定後の価格

 
料金改定後の価格表(小型)
料金改定後の価格表(大型)

 

そして、上記の画像が、7月16日以降の
新たなマルチチャネル料金になります。

 

現在の出荷作業手数料などが無くなり
寸法・重量に対しての料金が
非常に単純明快になっていますね!!

 

ですが!!

 

しっかり値上がりしていますので、
「分かりやすくなったからいいや!」
で、済ませるわけにはいきません。

 

JUNが扱っている商品を例にして
改定前と改定後ではどれくらいの
差額が出るのか計算してみましょう!

 

計算してみよう!

 

JUNが取り扱っている商品の大きさは
「標準2」に該当しますので、
配送代行手数料は700円になります。

 

つまり、今までは532円だったものが、
7月16日から700円に変わるわけですので、
168円の値上げになってしまいますね!

 

では、その168円の値上げによって
どれくらいの影響を受けるのか
具体的に考えてみたいと思います。

 

168円(値上げ金額)×1000件(月のマルチチャネル配送個数)=168,000円

 

今回、例にしている該当の商品は
1ヶ月間で約1000件売れているので
月間にすると168,000円以上の
コストがアップすることになります。

 

これを1年間で換算すると、
なんと2,016,000円になります。

 

つまりJUNの場合、マルチチャネルの
値上げにより、年間200万円以上の
配送代金のコストアップが
決まってしまった
ということです…。

 

改めて考えると、超痛いですね。

 

FBAと在庫共有できることは魅力的ですが、
年間コストを考えると物流会社の変更も視野に
入れないといけないかもしれないです…。

 

相乗り販売や転売新規出品が淘汰される時代へ

相乗り販売や、転売新規出品をしている方がどんどん淘汰される時代へ

 

先日の2月にもFBA料金改定が行われた
ばかりですが、それから間もなく今度は
マルチチャネルの料金改定がありました。

 

そして近年、物流費が全体的に
高騰し続けている傾向にあることは
もちろん、ご存知かと思います。

 

ECモールの使用者の増加に対して
物流業界の人材不足の深刻化は
更に大きくなっていくばかりです。

 

物流コスト比率の上昇率は過去20年で
最大となっていますので、今後も物流費の
値上げは必須となるかもしれません。

 

相乗り販売や、転売に近い新規商品での
販売者はいまだに非常に多いのですが、
みなさん同じ商品を販売しているので
どうしても価格競争が激化しますよね。

 

同じ商品を販売している人が多くなると
たとえ安くして利益を圧迫したとしても
商品を不良在庫にしては意味がないので
価格を下げる出品者が必ず出てきます。

 

それに負けじと更に価格を下げる出品者が
出てきて、最終的には価格崩壊を起こして、
薄利多売どころか、赤字多売になってしまう
セラーさんも、最近では多く散見されます。

 

つまり、相乗り販売や、
転売に近い新規商品での販売という
ビジネスモデルは、安くなければ
購入されないという状況なのです。

 

物流費は高騰しているのに、
販売価格を下げなければ売れない…。

 

そんなことを続けてしまっては
自らの首を締め続けることになる
ということはお分かりですよね。

 

物流費が上がり続けていくこれから先の
時代に、価格を下げて売るような施策は、
根本的な解決策ではないということです。

 

  • 売れている商品を片っ端から相乗りして
    売れるやつを少しだけ仕入れて販売しよう!!
  • 相乗りして売れている商品は新規で出品してみよう!!

 

 

こういった考え方のビジネスは
いつか絶対に通用しなくなりますので
そろそろオシマイにしましょう!!

 

それに、相乗りしている商品って
品質めっちゃ悪くないですか…?

 

まとめ

 

 

JUNが行っているOEM生産の中国輸入では
自社ブランドとして商品を販売しているので、
利益率は35%〜45%を常に推移しています。

 

もちろん、お客様や市場の需要をしっかりと
調査・把握して、より良い商品を適正価格で
販売しているわけで、無理やり販売価格を
高額にしているということではありません!

 

相乗りや転売新規出品をされている方は、
「その方が簡単で稼げると思って始めた」
という理由を仰られることが多いです。

 

ですが、JUNが思うに、
楽して稼げるというビジネスモデルは
すぐに飽和されるものです。

 

そもそも、楽して稼げるビジネスは
基本的には自分本位な考えから
成り立つものがほとんどなのですが…。

 

時代は恐るベき速度で進んでいます。

 

今から10年前にiphone(スマホ)が
発売され、わずか10年でガラケーの
使用者はほとんどいなくなりました。

 

スマホで情報収集する時代は当たり前で
動画もスマホで見るのが当たり前です。

 

これからもどんどん時代が変化する中で
「相乗り販売」や「無在庫販売」は
本当に「多くのお客様の為に」という
気持ちで販売されているのでしょうか?

 

もちろん、相乗り販売や無在庫販売を
している人の中には、そういう気持ちで
販売する方もいらっしゃると思います。

 

ですが、楽して・簡単に・誰でも稼げる!
という謳い文句から、軽い気持ちだけで、
販売する方も多いのではないでしょうか。

 

上記のような考え方に当てはまる方は、
物販に対して、そろそろ本気で
真剣に基本から学んでいきましょう!

 

しっかり「本質」を、「基本」を
今のうちに学んでおかなければ
近い将来、生き残れなくなります。

 

こういう機会に、意識から
方向転換していきましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です