無料ツール!FBA料金シュミレーターで利益計算をしよう!

 

利益率をしっかり把握しよう!

 

 

どうも、JUNです!

 

あなたの利益率の
計算、間違っていませんか?

 

利益率を間違えて計算していると
最悪の場合、赤字になります。

 

販売すればするほど
赤字が大きくなっていくなんて
絶対に避けたいですよね。

 

ましてその赤字に気付かずにいたら…

 

恐ろしすぎます。

 

利益を出していくためには
しっかりと利益率を把握する必要があります。

 

そこで、今回は
FBA料金シュミレーターで利益率を出す方法
についてご説明していきたいと思います!

 

FBA料金シュミレーターで利益率を計算しよう!

 

(販売価格)-(仕入れ値)=(利益)

 

 

利益って、単純に考えると
このような公式になりますよね。

 

ですが、これで計算していると
最悪の場合、赤字になります。

 

なぜなら、AmazonでFBAを利用して
販売する場合、諸経費がかかるからです。

 

  • 販売手数料
  • 倉庫保管料
  • 送料

 

細かいところまで見ると
様々な手数料がかかります。

 

また原価に関しても
ただ仕入れ値を原価としてはいけません。

 

原価には、商品仕入れ値に加えて
いろいろな諸経費を含めてください。

 

  • 国際送料
  • 国内送料
  • 関税
  • 代行手数料

 

原価を曖昧にしていると
いざ売れる商品を作ることができても
収支のバランスがおかしくなり、
最悪キャッシュフローが回らなくなります。

 

Amazonの手数料は
商品の大きさなどで変わります。

 

正直、ひとつひとつ手数料を
計算するのはめんどくさいですよね。

 

でもしっかりと把握していないと
赤字になる可能性もででくる…。

 

そんなときに便利なのが
FBA料金シュミレーター
という無料ツールになります!

 

これを使えば、Amazonの手数料が
その商品に対していくらかかっているのかを
すぐに計算することができます!

 

また、原価を正確に入力すれば
利益率もすぐに出すことができます。

 

めんどくさい計算を、どんぶり勘定に
することなく、すぐに計算できるので
ぜひ、たくさん活用してくださいね!

 

FBA料金シュミレーターとは?

 
image1

 

FBA料金シュミレーターとは
下記のようなことを計算するための
無料計算ツールになります。

 

  • アマゾンで販売した際にかかる手数料
  • FBAでの出荷作業量
  • 倉庫保管料

 

FBA料金シュミレーターはこちら

 

実際に計算してみよう!!

 
image2

 

例えばですが、
Amazonでこんな商品があります。

 

CMでもおなじみの有名な商品ですね。

 

image3

 

そして、中国のアリババには
同じ商品が販売されています。

 

日本のAmazonでは
1800円で販売されています。

 

中国のアリババだと
約270円で販売されていますね。

 

これはすごい価格差があるから販売しよう!
と思うかもしれませんが
そのような考え方だと痛い目をみますよ!

 

利益計算方法について

 
image4

 

先程のライオンのたてがみの商品ページを
みていくと【ASIN】というコードがありますので
こちらの【B01HETYM4O】をコピーします。

 

image5

 

コピーしたASINコードを
FBA料金シュミレーターの検索窓に
ペーストして【検索】をクリックします。

 

image6

 

販売価格を1800円と入力して
商品原価を270円と入力します。

 

と、ここでちょっと待った!
ここからが重要です!!!

 

確かに商品の仕入れ値は270円ですが
僕が行っているのは中国輸入です。

 

中国輸入では、仕入れ値の他にも
様々なお金が発生するので
商品原価にこれらも含めないといけません。

 

  • 送料(国際、国内)
  • 関税
  • 代行手数料
  • その他諸経費

 

販売価格は1,800円
これは確定していますね。

 

仕入れ値は270円
こちらも、確定しています。

 

ここからが問題です。

 

①国際送料は1キロ20元として計算します。
 このライオンのたてがみは250グラムだとして
 1つ発送するのに約5元だとします。(90円

 

②中国国内送料は100円だとします。(大体です。)

 

③代行手数料が10%だと仮定して27円

 

④関税が100円で計算します。(大体です。)

 

⑤その他に商品ラベル代や検品代などが
 180円くらいかかるとします。

 

①〜⑤をすべて足すとで約500円です。

 

  1. 国際送料:90円
  2. 国内送料:100円
  3. 代行手数料:27円
  4. 関税:100円
  5. その他:180円

 

つまり、仕入れ値以外に
約500円くらいの諸経費がかかる
ということがわかります。

 

※注意
 
国際送料、中国内送料、代行手数料などは
あなたのお使いの代行によって変わります。
 
計算する際には使用してる
代行業者の料金で計算してください。
 
また、関税もはっきりとした数字は
出すことができないので100円で計算しています。

 

 

この諸経費を把握した上で
先ほどの画像を再度見てみてください。

 

【Amazonへの納品】のところに
計算した諸経費500円が入力されていますね。

 

そうすると、純利益は381円
利益率は21%ということになります。

 

100個売れても
38,100円にしかなりません。

 

やってみるとわかるのですが
100個売るのって結構大変です…。

 

ちなみに、JUNは約2000円の価格で
販売したい場合利益率が35%〜40%
になる商品でないと、まず仕入れません。

 

つまり、今回の商品は
JUN的には仕入れ対象外となります。

 

もちろんもっと安く製造してくれる
工場などがあるかもしれないので
一概にこれだけでは判断できませんが
ざっくり説明するとこんな感じですね。

 

このようにFBA料金シュミレーターを使って
なるべく正確な利益率を算出していくことで
仕入れ商品を明確にしていくことができます。

 

JUNは今でも毎日のように利用していますので、
輸入ビジネスをやる上で必須のツールとなるでしょう。

 

ぜひ、ブックマークなどをして
お気に入り登録しておいてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です