fbpx

リサーチの基本!モノレートの使い方を把握しよう!

 

リサーチの基本!モノレートの使い方を把握しよう!

 

 

どうも、JUNです!

 

今回はリサーチの基本である
モノレート】の解説をしたいと思います!

 

モノレートを使いこなせなければ
商品のリサーチはできないと言っていいほど
モノレートを理解することは大切です。

 

「なんとなくわかる」という状態ではなく
「駆使して使いこなしている」状態になれれば
あなたのリサーチの質はグッと高まります。

 

JUNが最初モノレートを見た時は
正直、グラフがごちゃごちゃしていて
何が何だかよくわからないと思いました。

 

ですが、よく考えれば
最初はわからなくて当たり前ですよね。

 

とりあえずグラフをひとつずつ
見てみるところから始めて
駆使して使いこなせる状態になりました。

 

はじめはわかならいと思いますが
ちゃんと理解すれば自然と慣れてきます!

 

やってみると意外と簡単なので
とにかく、グラフをひとつずつ見てみる
ところから始めていきましょう!

 

モノレートとは?

 

 

モノレートを簡単に説明すると

Amazonの
商品ランキングと価格推移を
分かりやすく表示してくれるサイト

となります。

 

Amazonで、利益が出そうな
商品を見つけた場合に
モノレートをチェックしてみます。

 

モノレート上のデータを見ることで
実際に売れているかどうか
などを判断することができます。

 

モノレートには
以下のような検索方法があります。
 

  • 商品名
  • JANコード検索
  • ASINコード検索 
    (⇒基本はほぼASINで検索します。)
  • ISBNコード検索

 
※ちなみにASINとは
amazon上だけの製品識別コード
と思ってもらえれば大丈夫です。

 

モノレートの使い方

 
image1

 

画像はモノレートの
トップページを表示したものになります。

 

商品を検索するには
基本的には画像赤枠の部分を使います。

 

  1. 【カテゴリー】を選択
  2. 検索したい商品のキーワードを入力
  3. 【グラフを見る】をクリック

 

商品名やASINなどを
キーワード入力部分に入力して検索します。

 

商品の検索自体は
とても簡単にできますね!
 
モノレートはコチラ

 

中国輸入のリサーチをやる上で
モノレートで必ず見なければ
いけないポイントは3つあります。

 

  • 商品の平均価格
  • 商品の出品者数
  • 商品のランキング

 

ではモノレートの見方を
下記の商品を例にして説明していきますね!

 

image2
image3

 

商品を検索して
その商品をクリックするとすると
上記画像のような画面になります。

 

JUNが見ている場所は
最安値の新品の平均販売価格
出品者数と出品者数の平均
ランキングの平均とグラフのギザギザ
下記の画像の赤い部分がほとんどです!

 

※むしろ、他は見ていないです。

 

image4

 

上のグラフから見ていきましょう!

 

平均価格:1660円
になっているのがわかります。

 

つまり、この商品の
平均販売価格は1,660円ということですね。

 

ちなみに、後々ブログに記載していきますが
1500円以下の商品は利益があまり取れないので
リサーチの段階であまりにも安いものは
JUNの場合、そもそも仕入れをしません。

 

次に
出品者数:1
になってるのがわかります。

 

つまりこの商品を出品している
販売者は1名だということですね。

 

最後に
ランキング
のグラフを見てみましょう。

 

モノレートを使いこなす為に
最も大事なのが、このギザギザしている
ランキングのグラフになります。

 

平均:112271位
となっているのがわかります。

 

そして波を描いたように
グラフがギザギザになっていますね。

 

ランキングのグラフでは
下に行けば行くほどランキングが高くなり
順位の数字自体は小さくなります。

 

つまり、ギザギザしている赤丸ポチの部分
急激にランキングが上がったということです。

 

ランキングが急激に上がったということは
その商品が売れた、と推測できますよね。

 

赤丸ポチ部分のギザギザが落ちきった時の回数が
商品がその期間内に売れたという目安になります。

 

上記画像のランキングのグラフの
赤丸ポチを数えると、17回ギザギザしています。

 

つまり、このグラフからは
3ヶ月で最低17個は売れているだろう
ということが予測ができます。※あくまで予測です

 

今回は3ヶ月期間に設定して
グラフを見てきましたが、6ヶ月や12ヶ月に
設定してグラフを見ることもできますよ!

 

モノレートはあくまで目安

 
image5

 

なんとなくモノレートについて
お分かりいただけましたか?

 

最初のうちは
気になった商品をどんどん
モノレートで検索してみましょう!

 

たくさんの商品を見て
いろいろなグラフを見てみると
売れるだろうという商品の鑑定スキルが
知らず知らずの内にレベルアップします。

 

また、グラフを100回ぐらい見たら
モノレートの使い方は
絶対に覚えているハズです!!

 

ここが重要なのですが
モノレートはあくまで目安
という認識でいてください。

 

あくまでリサーチする上での
サポートにすぎないので、これだけでは
仕入れの判断はできません。

 

JUNが仕入れをしている商品は、
3ヶ月で3000個以上売れていますので、
上記の商品の200倍くらい売れています。

 

またその商品はOEM商品なので
オリジナルブランドとして販売しています。

 

つまり、出品者が
1人だけの独占商品になります。

 

自慢ではないですよ!
ただ、そういったことを可能にするのが
輸入ビジネスのスゴイところなんです!

 

その商品ぐらいの売れ行きになると
モノレートのグラフには収まりきらないので
何個売れているのかの推測ができません。

 

なので、モノレートはあくまで目安として
商品市場を覚えるくらいの感覚で
使用していくのが良いかと思います。

 

使用するのはもちろん無料ですので
どんどん活用していくようにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です