fbpx

中国輸入で家電製品を仕入れる際の3つの注意事項とは?

中国輸入で家電製品を仕入れる際の3つの注意事項とは?

 

中国輸入で家電製品を仕入れる際の注意事項

 

 

どうも、JUNです!

 

商品リサーチ時に
沢山の魅力的な【家電製品】を
見つけるかと思います。

 

家電製品は安価なものから
高額なものまで幅広くあります。

 

種類が多く、需要もあるため
リサーチ対象になりやすいですが。

 

ですが、家電製品にはその分
様々な規制もあるので注意して
リサーチをしなければいけません。

 

ということで、今回は
家電製品を仕入れる際に注意するポイント
についてお伝えしていきたいと思います!

 

無線機能を搭載した商品は「電波法」に注意!

 
無線機能を搭載した商品は「電波法」に注意!

 

上記の画像商品のように、
Bluetooth】や【ワイヤレス機能】が
搭載された商品には注意してください。

 

このような商品を安易に発売してしまうと
「電波法」を破ってしまう可能性が高く
場合によっては法律で罰せられてしまいます。

 

こういう商品を取り扱うためには、
下記の画像のような【技適マーク
を、取得しなければいけません。

 

技適マーク
 
技適マーク
参考はコチラ【総務省のHP】

 

JUNは昔に一度、技適マークを
取得したことがあるのですが、取得には
時間と労力が結構かかりました。

 

もちろんですが、お金もかかります。

 

なので、最初のうちは
こういう商品は、あまり
オススメしていません。

 

リチウム電池搭載商品は発送時に注意!!

 
リチウム電池搭載商品は発送時に注意!!

 

上記画像のようなモバイルバッテリーは、
通常、航空便では輸入することは出来ません。

 

電池には素材、形状とも様々な種類があります。電子製品用にはマンガン乾電池、アルカリ乾電池、リチウム電池などが使われます。リチウムイオン蓄電池(リチウムイオン単電池からなる組電池)を除き、電池の輸入・販売に際して特別な法規制はありません。リチウムイオン蓄電池は、体積エネルギー密度が高く、発煙、発熱により大きな事故につながる恐れがあるため、電気用品安全法の規制対象です。また、危険物として輸送規制があります。
 
ジェトロ(日本貿易振興機構)より

 

ようするに電池】は危険物として
輸入規制がかけられてしまう
わけです。

 

規制があっても輸送のできる方法として
『特殊便』や『船便』などがあります。

 

ですが、この輸送方法だと
国際発送料金が割高になります。

 

船便は物量によっては安くなる可能性が
大いに期待できる輸送方法ではあります。

 

ですが、船便のデメリットとして
時間がかかってしまうことと、物量の多さ
が挙げられますので、スタートの仕入量から
考慮すると初心者の方は難しいと思います。

 

コンセント付きの家電製品はPSEマークが必要

 
コンセント付きの家電製品はPSEマークが必要

 

日本で販売されている家電製品は、
中国で製造されていることも多いのです。

 

しかし、実は日本は100Vで
中国は220Vと、【電圧】が異なります。

 

電圧が違うので『電気用品安全法』
という法律を、守る必要があります。

 

上記画像の商品だけでなく
コンセント付いている商品は
そのすべてが対象になります。

 

というか、ほとんどの家電製品に
コンセントってついていますよね。

 

なので家電製品は、ほぼPSEマークの
対象であるといっても過言ではないでしょう。

 

電気用品安全法(PSEマーク)とは
電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。
この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられました。 PSEマークは、【Product+Safety+Electrical appliance & materials】の頭文字で、電気製品が安全性を満たしていることを示すマークです。
 
関東電気保安協会より

 

PSEマーク

 

上記画像が【PSEマーク】です。

 

コンセントがある家電製品には必ず
コンセントプラグに印字されているハズです。

 

このような【PSEマーク】が付いていないと
法律違反であるどころか、万が一事故が
起きた時には商品のリコールや補償が必要と
なるケースがあるので、注意が必要です。

 

こういう商品が実はチャンス??

 
こういう商品が実はチャンス??

 

本日は3つの注意すべき事案を
お話ししさせていただきました。

 

ですが、タイミングによっては
そのような商品を取り扱うのも
それはそれで当然良いと思います。

 

なぜなら、こういう規制が厳しい商品は
みんな「やりたがらない」からです。

 

人が「やりたがらない」ことは
言ってしまえばチャンスになります。

 

ちゃんと法律を守り、ルールを守れば
リサーチの幅や販売の規模も増えていきます。

 

ちなみに、JUNが一番最初に
OEMした商品は、実はPSEマークが
必須な家電製品だったんです。

 

リサーチをして、工場も見つけて
さあいざ始めよう!とした時に
PSEマークの存在を知りました。

 

時間も手間も金もかかるので
その商品を諦めようとも思いました。

 

ですが、謎の自信が出てきて
これはもしかしてチャンスかも?
と、突然ポジティブ思考に…(笑)

 

すぐに行政書士さんに相談して
PSEマーク取得に向けて動きました。

 

そして約2ヶ月後、無事にPSEマークを
商品に印字ができる状態となりました!

 

今ではこの商品だけで年間にすると
1000万近い売上
が上がっています!

 

今回の記事では、家電製品を
やらないように」という内容を
お伝えしたいわけではありません。

 

家電製品を取り扱う場合には
注意していきましょう!」という内容で
あることを今一度、認識してください!

 

下記の記事では、PSEマークが
必須の商品を取り扱うにあたって
役立つ情報をまとめてあります。

 

是非読んでみてくださいね!
 
一つの商品で年間1000万!参入障壁PSEマークの壁を越えよう! 一つの商品で年間1000万!参入障壁PSEマークの壁を越えよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です