fbpx

販売者や消費者を守るPL保険を知っていますか?

 

そもそもPL保険って何のこと???

 

 

どうも、JUNです!

 

PL保険という言葉を
聞いたことはありますか?

 

この保険ですが物販をする上で
非常に重要な保険になります。

 

今回はそんな、とても重要である
PL保険】についてお話しさせていただきます。

 

PL保険とは

 

PL保険(生産物賠償責任保険)とは
作ったモノや仕事の結果に欠陥があったことによって
お客様等に損害を与えてしまった場合、
その賠償責任をカバーしてくれる保険のことを言います。

 

これだけ読むとあまり
イメージできないし、よく分からないと思います。

 

例えば、レストランでした食事が
原因でお客様が食中毒になってしまった場合に
その損害賠償をカバーしてくれる保険です。

 

生産物賠償責任保険という名前通り
モノを生産する業種の会社は
PL保険への加入は必須だと言われています。

 

ですが、実はJUNのような販売業も
PL保険に入っていないとリスクが大きいです。

 

考えてみれば当然なのですが
これはとても本質的な部分です。

 

例えば、お客様が
洗顔クリームを買ったとします。

 

そしてその洗顔クリームが肌に合わず
炎症を起こしてしまったとします。

 

この時、お客様はどう考えるでしょうか?
 

  • こんなものを製造したほうが悪い
  • こんなものを販売したほうが悪い

 
どちらの可能性もありますよね。

 

お客様に商品を販売するということは
それなりの責任が伴うことでもあるのです。

 

販売業でのPL保険への意識

 

物販ビジネスをやる理由の一つとして
「お金を稼ぎたいから」
ということはみなさん思っていることですよね。

 

もちろんそれだけではありませんが…。

 

しかし、その「お金」とは
誰からいただくものでしょうか?

 

そう!!
消費者である「お客様」ですよね!

 

お金をいただいてモノを売るからには
もし何かあった場合に、
その責任をとらなければなりません。

 

例えば、
物販ビジネスで多く取り扱われる
製品の一つとして「家電製品」があります。

 

ちなみに、JUNも
家電製品を輸入し、販売しています。

 

では、もしその輸入した電気製品に
欠陥があったせいで、お客様が
使用中に発火してしまったらどうでしょう。

 

考えただけで恐ろしいです。

 

そんな時にカバーしてくれる
保険が【PL保険】になります。

 

どうやって加入するの?金額は??

 
image1

 

以下、保険会社の一覧です。
 

  • 日本興亜損保の総合賠償責任保険
  • 商工会議所の「中小企業PL保険制度」
  • AIUの事業総合賠償責任保険
  • 三井住友海上の生産物賠償責任保険
・各業界団体のPL共済制度など

 
保険の金額は売上額や職種によって違うので
まずは、問い合わせて聞いてみてくださいね!

 

年商1000万であれば、
だいたい年間5000円くらいと
考えておくと良いかもしれません。

 

僕ら販売者を守ってくれるのは
もちろんですが、消費者を守ることにも
なりますので、必ず加入しましょう!!

 

お金をいただいて商品を提供する
販売者の責任をしっかり意識してくださいね!

 

PL保険は万が一の為に!

 
image2

 

PL保険に加入しているからといって
ただただ適当に仕入れてはいけません。

 

あくまで保険は
何かあった場合の保険です。

 

本来であれば、その「何か」は
販売者として起きたらいけない
という認識でいてください。

 

まずは、商品をしっかり見極めて
できるだけお客様に満足してもらうよう
リサーチや準備を怠らないようにしましょう。

 

自分で自分にオススメできる
ぐらいの商品を販売するように
心掛けるといいかもしれませんね!

 

お客様に提供するものは妥協せず
自分自身で努力をしていきましょう。

 

この辺りは、後々ブログでも
お伝えしていきますので
適当にやらなければ大丈夫です!

 

PL保険の基本的な補償内容

 

PL保険の具体的な補償内容として
以下のようなものがあります。
 

  • 損害賠償金の額(法律上の損害賠償責任の額)
  • 損害を防ぐためにかかった費用(損害防止費用・緊急措置費用)
  • 権利保全行使費用
  • 裁判・和解等にかかった費用(争訟費用)

 

損害賠償金の額(法律上の損害賠償責任の額)

 

お客様に損害賠償金を支払った場合に
「法律上の損害賠償責任の額」を受け取れます。

 

裁判で確定した場合はもちろん、
和解や示談で金額が決まった場合も
その金額をカバーしてもらえます。

 

※それとは別に支払う「見舞金」等は対象になりません。

 

損害を防ぐためにかかった費用(損害防止費用・緊急措置費用)

 

損害が発生してしまったら
すみやかにさらなる損害の発生や
拡大を防ぐ措置をとりますよね。

 

PL保険では損害自体を防ぐ費用や
損害の拡大を防ぐための費用も
カバーしてもらえます(損害防止費用)。

 

損害防止のための措置を一生懸命行った結果
損害賠償をせずに済んだという場合もあります。

 

そのような場合にも
かかった費用はカバーしてもらえます(緊急措置費用)。

 

権利保全行使費用

 

たとえば、エステを経営していて
販売していた洗顔クリームが原因で
お客様の肌に炎症が起きたとします。

 

この場合、お客様に損害賠償金を
支払うことになりますが、その後に
シャンプーの製造業者に対して
相当額を請求することになりますよね。

 

その手続のためにかかる費用が
「権利保全行使費用」になりますが
この費用をカバーしてもらえます。

 

裁判・和解等にかかった費用(争訟費用)

 

お客様に損害を与えた場合
そのお客様から裁判を起こされることがあります。

 

裁判に敗訴すれば
損害賠償金だけでなく、訴訟にかかった
費用も持たなければならなくなります。

 

裁判にならなくても
和解や調停の場合にも費用がかかりますが
これらの費用をカバーしてもらえます。

 

こういった基本の補償に加えて
特約でプラスできる補償もあります。

 

特約の内容や料金、種類などは
保険会社によって異なりますので
それぞれ確認してみてくださいね!

さいごに

 

販売者の責任として
PL保険には必ず加入してください!

 

最初はいろいろな手続きや
登録など、面倒なことも多いと思います。

 

しかし、面倒なことは
人がやりたくないと思う心情からくるものです。

 

面倒なことをしないと
後々、余計面倒なことになります!!

 

やってみると意外に
簡単だったりすることも多いので
まずは、やってみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です