【重要】モバイルバッテリーがついに販売規制!?

【重要】モバイルバッテリーがついに販売規制!?

 

モバイルバッテリーがついに販売規制!?

 

 

どうも、JUNです!

 

amazonや楽天市場などでも
売れ筋商品として名を連ねる、
「モバイルバッテリー」

 

中国輸入をやられている方であれば、
一度はリサーチしたことがある方も
多いのではないでしょうか?

 

そんなモバイルバッテリーですが、
販売規制が刻一刻と迫っていることは
ご存知でしょうか?

 

これを知らずに
販売を続けてしまったり
取り扱いを始めてしまうと
死活問題にもなり得ます。

 

ということで、今回は
モバイルバッテリーの販売規制について
お話していきます!

 

PSE認証のないモバイルバッテリーは販売禁止へ

 
PSE認証のないモバイルバッテリーは販売禁止へ

 

経済産業省の発表にもありますが、
2019年2月1日以降は、
【PSEマークのないモバイルバッテリー】
は、販売禁止となります

 
■電気用品安全法 モバイルバッテリーについて(経済産業省)

 

最近では、新幹線内で煙が出たなどの
騒ぎが起きたり、モバイルバッテリーは
たびたび問題視されていました。

 

そういうこともあり、
ついに本格的に販売規制が
開始されることになったのです。

 

ちなみに、モバイルバッテリーは
通常航空便では発送できないので、
船便での発送となります。(下記参照)

 

 

電池には素材、形状とも様々な種類があります。
 
電子製品用には
マンガン乾電池、アルカリ乾電池、リチウム電池
などが使われます。
 
リチウムイオン蓄電池
(リチウムイオン単電池からなる組電池)を除き、
電池の輸入・販売に際して特別な法規制はありません。
 
リチウムイオン蓄電池は、
体積エネルギー密度が高く、発煙、発熱により
大きな事故につながる恐れがあるため、
電気用品安全法の規制対象です。
 
また、危険物として輸送規制があります。
 
ジェトロ(日本貿易振興機構)より

 

 

船便は航空便に比べ、
到着まで時間はかかりますが、
発送コストが安くなります。

 

そのため、輸入事業者の中では、
モバイルバッテリーは人気商品として
取り扱いをする方が多い商品です。

 

実際に、各プラットフォームで
様々な種類の商品が販売されていますが、
ようやく取締りが強化されそうですね!

 

 

電気用品安全法(PSEマーク)とは
 
電気用品安全法は、
電気製品が原因の火災や感電などから
消費者を守るために施行された法律。
 
日本国内で100Vコンセントに接続して
使用されるほとんど全ての
民生用電気製品が対象となる安全規格です。
 
この法律により、メーカーや輸入業者は、
消費者が区別できるよう適合製品に
PSEマークをつけて販売することを義務付けられました。
 
PSEマークは、
【Product+Safety+Electrical appliance & materials】
の頭文字で、電気製品が安全性を
満たしていることを示すマークです。
 
関東電気保安協会より

 

 

 

PSEマークについて、
よく分からないという方は
下記をご覧になってくださいね!
 
中国輸入で家電製品を仕入れる際の3つの注意事項とは?

 

販売が禁止されるということは、
当然、相乗り販売されている方も
罰則の対象となります。

 

それぞれ、気をつけましょう!

 

PSEマークが印字されているからといって安心してはいけません!

 
PSEマークが印字されているからといって安心してはいけません!

 

PSEマークが印字されているから
輸入しても大丈夫!
販売しても大丈夫!
と、簡単に思っては痛い目を見ます。

 

というのも、PSEマークがついている
虚偽商品って、結構溢れているんです。

 

知らないうちに虚偽商品や違反商品を
仕入れてしまうなんてことも考えられます。

 

どうしてもPSEマークの認証が欲しい!
という方は、その工場や販売店に
TUV発行の適合同等検査合格書
があるか確認してみましょう。

 

それがあるのを確認した上で
電気用品製造輸入事業届出書
を、経済産業省に
提出することをオススメします。

 

詳しくはこちらで書いていますので、
是非、参考にしてくださいね!
 
一つの商品で年間1000万!参入障壁PSEマークの壁を越えよう! 一つの商品で年間1000万!参入障壁PSEマークの壁を越えよう!  

電気用品安全法に従って、
ルールやモラルを守り
販売していくようにしましょう!!

 

ヤフーショッピングでは注意喚起も

 

 

既に、ヤフーショッピングでは、
モバイルバッテリーに関して
注意喚起が記載されています。

 

販売者専門の管理ページである
【ストアクリエイター上】のトピックにあるので
ヤフショをやっている方は確認してみてください。

 

その他の各プラットフォームでも順次、
取締りが強化されていくことになるかと思います。

 

取締り強化後に、もし出品できたとしても、
同業者や購入者から通報があったら
おそらく一発アウトの可能性大だと思います。

 

アカウントが停止してしまっては
元も子もありませよね。

 

なので、この機会に、
今一度、PSEマークについて
しっかりインプットしていきましょう!

 

これを機にPL保険の重要性も再認識!

 

 

モバイルバッテリーを扱っていないから、
安心!というわけではありません。

 

商品を販売している以上は、
様々な事故が起きる可能性があります。

 

どんな商品でも、
事故が起きる可能性は0ではないと
認識しておくのが良いでしょう!

 

販売している商品の不良により
お客様が大きな怪我をしてしまうかもしれません。

 

はたまた、先ほどお話した
モバイルバッテリーの事故のように
本体から煙が発生してしまうかもしれません。

 

また。何かあった時の損害賠償金は、
とてもじゃないけど払えるような金額じゃ
ないこともたくさんあります。

 

お客様のためにはもろんですが、
自分の為にも、
必ず保険の加入はしておきましょう!

 

保険についての詳細は
下記で別途まとめてあります。

 

よろしければ、ぜひ
ご覧になってみてくださいね。
 
販売者や消費者を守るPL保険を知っていますか? 販売者や消費者を守るPL保険を知っていますか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です