fbpx

多くの方が勘違いしている!リサーチは「売れている商品を見つける作業」ではない!!

多くの方が勘違いしている!リサーチは「売れている商品を見つける作業」ではない!!

 

リサーチは売れている商品を見つける作業ではない!!

 

 

どうも、JUNです!

 

最近、お問い合わせいただく内容のひとつとして
以下のような内容が多く見受けられます。

 

「リサーチで商品が見つかりません」

 

ここでいう、リサーチで
商品が見つからないというのは
何を指している」のでしょうか?

 

  • 沢山売れていて
  • ランキングが高くて
  • 自分でも取り扱えそうで
  • アリババで簡単に仕入れが出来て

 

こういった基準だけから判断して
商品を探しているのではないでしょうか?

 

ですが、こういった考え方で
商品を探すことは、本当に
正しいリサーチとは言えません。

 

例えば、上記のような条件の商品は
誰でも取り扱うことが出来る商品」なので
ライバルとの差別化はできませんよね

 

また、誰でも取り扱うことが出来る商品という
ライバルが多いところに参入するということは
商品が飽和して価格勝負になった場合に、利益が
全く取れないなんてことも十分考えられます

 

つまり、自分でも出来そうな商品は
誰だって出来そうな商品なわけです。

 

それにも関わらず、
多くの方が、無意識のうちに
上記のようなリサーチをしてしまい、
負け戦に望んでしまうのです。

 

もちろん、その状態では
いつまで経っても取り扱う商品を
選定することは出来ません。

 

特に、ツールを使って
リサーチをしている多くの方に
まさにこれが当てはまります。

 

ツールで得られるデータというのは、
あなただけの為に商品を抽出するわけではなく、
使用者全員の為に売れている商品を抽出する
いわば、誰でも手に入るデータに過ぎません

 

また、Amazonのアルゴリズムの変更により
2019年以降、amazon×中国輸入で
しっかり実績を出すためには、このような
浅いリサーチは全く通用しなくなりました。

 

ということで、今回の記事では
リサーチをする上で重要なポイント
について、詳しく解説していきます!

 

需要があるとはどういう意味?

 
需要があるとはどういう意味?
 
需要がある商品のランキング
 

例えば、上記の商品ですが、これは
月に1000点以上売れている商品です。

 

Amazon売れ筋ランキングでも
服&ファッションカテゴリーで
184位とかなり上位の商品ですね!

 

この商品を見て「ボクサーパンツは需要ある!」
と判断し、「じゃあ、自分も取り扱おう」という
安易な考え方のもとでリサーチをしてしまうと
下記の商品のようなパターンに陥ってしまいます。

 

具体的な失敗例
 
失敗例のランキング

 

こちらの商品は、
月に1000点はおろか、
月に30点も売れていません。

 

Amazon売れ筋ランキングでも
服&ファッションカテゴリーで
16,277位と、かなり低いです。

 

同じようなボクサーパンツという商品で、
しかも、2枚目の画像の商品のほうが安くて
レビューの数もこちらのほうが多いのに、
どうして、これほどまでに売れ行きに
大きな差が生まれているのでしょうか?

 

売れているボクサーパンツと
売れてないボクサーパンツには
どんな違いがあるのでしょうか?

 

たしかにボクサーパンツは
間違いなく需要がある商品です。

 

しかし、需要があるボクサーパンツは
全てのボクサーパンツということではなく、
1枚目の画像のようなものなのです。

 

その理由を追求できない限り、
リサーチの意味は成りません。

 

もっと言ってしまうと、1枚目の画像の
ボクサーパンツがなぜ売れているのかを
考えるのと同時に、2枚目の画像の
ボクサーパンツがなぜ売れていないのか
追求することも大切なのです。

 

売れている理由と売れていない理由とは?

 
売れている理由と売れていない理由とは?

 

売れている商品には、
売れている理由が必ず存在します。

 

もちろん、その理由はひとつだけ
ではなく複数ある場合もあります。

 

物販で大きな収益を上げている方は、
いくつもの売れている理由が明確な為、
事前準備する内容も明確になり、発売前から
勝ち戦になっているケースがほとんどです。

 

逆に全然売れないと嘆いている方は
ご自身の商品がなぜ売れていないのか
という検証が、まず出来ていません

 

つまり、なぜこの商品を取り扱おうと
したのかさえ明確な理由がないのです。

 

「類似商品が売れていた
(ランキングが高かった)から」
は、理由にはなりません。

 

JUNのコンサル生で、実績を早く
出される方というのはこの「理由」を
明確にする作業をしっかりこなす方です。

 

中国輸入は参入者が非常に多い
ビジネスですが、実際にしっかりと本質を
勉強されている方はほんの一握りなのです。

 

ここでいう「本質」というのは「テクニック」とは全く違うものです

 

  • 誰でも出来る商品
  • 誰でも見つけられる商品
  • 安くて、軽くて、取扱い易い商品
  • 沢山売れている商品

 

こういった商品は、誰でもできて
ライバルで溢れかえる危険性があるので
取り扱うべき商品ではない可能性が
高いことを十分認識していきましょう。

 

また、そういった商品をどうしても
扱いたい場合には、ライバルに負けない
徹底した対策をするようにしましょう。

 

僕のブログも、言わばネット上で
「誰でも見れる」情報になります。

 

だからこそ、記事をたくさん書いたり、
読みやすいようビジュアルにこだわったり
ライバルとの差別化をしようとしています

 

そしてそんな「誰でも見れる」情報の中に
メルマガ限定公開の記事やコンサル生限定の
記事を混ぜたりして僕自身のブログの希少性を
出して、価値を上げる工夫をしているのです

 
無料の情報には限界があるのはなぜか? 無料の情報に限界があるのはなぜか?

 

まとめ

 
まとめ

 

これから先、amazon×中国輸入はもっと
大きな収益が上がるプラットフォームに
なっていくのはきっと間違いありません。

 

しかし、そんな巨大なプラットフォームで
生き残っていけるのは「本質」をきちんと
理解しようとしている方だけになるハズです。

 

実際に、年々ネット通販サイトの
規約や規制は厳しくなってきています。

 

そんな中で「相乗り」や「転売」、
「無在庫」などの販売手法は
「本質的」なものだと思いますか?

 

本質的ではないですよね。

 

これに限った話しではなくビジネスを
する上で当たり前のことなのですが、
まず大前提として、中国輸入のリサーチで
大事なことは、ズバリ「考え方」です。

 

僕のメルマガではその「本質的な考え方」
について書いてあるコンテンツを
ギュッと詰め込んだ大容量マニュアルを
期間限定で無料プレゼントしています。

 

僕のブログで気になった記事だけでなく、
全て読んでいただくと中国輸入ビジネスの
見える景色が大きく変わるかもしれません。

 

ご興味ある方は、ぜひご登録ください。
この記事の下部にあるフォームから
5秒で簡単にご登録いただけます^^

 

僕と一緒に中国輸入で人生を変えましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です