fbpx

(2018年版)FBAで無地ダンボールを使用するための設定方法

(2018年版)FBAで無地ダンボールを使用するための設定方法

 

FBAで無地ダンボールを使用するための設定方法

 

 

どうも、JUNです!

 

Amazonが行っている
【無地ダンボールのサービス】
を、ご存知でしょうか?

 

設定をしておくと、Amazonのロゴが
入ったダンボールではなく、無地の
ダンボールで、お客様に配送されます。

 

でも、なんでわざわざ
無地ダンボールに設定する
必要があるの?って思いますよね。

 

この無地ダンボールサービスを
活用できるのは、他媒体で
販売している場合になります!!

 

ちなみに、ここでいう他媒体とは
楽天やヤフーショッピング等のことです。

 

無地ダンボールの設定をしていないと
他媒体で売れて、マルチチャネルで発送した場合
購入者にはAmazonの箱で届けられます。

 

マルチチャネルについては
下記の記事にまとめてあるので
知りたい方はこちらをご覧ください。
 
知ってると便利!マルチチャネルの内容と使い方を公開 知ってると便利!マルチチャネルの内容と使い方を公開

 

他媒体で購入したお客様に
Amazonのロゴ入りダンボールで配送
すると、トラブルになることがあります。

 

「Amazonから届いた!」と
購入者からクレームが入ったり
悪い評価をつけられたりします。

 

最悪の場合、転売していると
思われて、運営に通報されて
しまう可能性もありますよね。

 

そうならないためにも、今回は
FBAで無地ダンボールを使用する方法
について、ご紹介させていただきます!

 

サービスの申請方法や
どのFBA倉庫が無地ダンボールに
対応しているのか等をご説明します。

 

知って損はない情報ですので
ぜひ、最後までご覧くださいね!

 

無地ダンボールの出荷とは?

 
無地ダンボールの出荷とは?

 

FBAマルチチャネルを設定すると
Amazon以外の媒体で入った注文も
FBAから直接購入者へ発送してもらえます。

 

しかし、無地ダンボールの設定を
していない場合、そのままの状態では
Amazonのロゴ入りのダンボールで
お客様の元へ配送されてしまいます。

 

先ほども述べさせていただきましたが
Amazonからは購入していないお客様に
Amazonのロゴ入りダンボールで配送すると
トラブルに繋がってしまう可能性があります。

 

楽天で購入した商品が
Amazonのロゴ入りダンボールで
届いたら、やはりびっくりしますよね。

 

Amazonにはあらかじめ申請することで
無地のダンボールで配送できる
という、便利なサービスがあります。

 

このサービスが
無地ダンボールでの出荷サービス】です。

 

無地ダンボールの申請が可能な倉庫

 

 

無地ダンボールのサービスを
利用するにあたり、注意点があります。

 

すべてのFBA倉庫で
このサービスが使えるわけではありません。

 

無地ダンボールサービスの
出荷に対応できるFBA倉庫は
全国でも限られています。

 

無地ダンボールでの出荷が可能な
FBA倉庫は下記の10か所になります。

 

  • 小田原FC(神奈川 FSZ1)
  • 大東FC(大阪 KIX2)
  • 多治見FC (愛知NGO2)
  • 川島FC(埼玉 HND3)
  • 鳥栖FC(佐賀 HSG1)
  • 堺FC(大阪 KIX1)
  • 川越FC(埼玉 NRT5)
  • 市川FC(千葉 NRT1)
  • 八千代FC(千葉 NRT2)
  • 八王子(東京 HND8)

 

上記の倉庫以外の場所に
納品されている商品については
無地ダンボールサービスを
利用することはできません。

 

無地ダンボールで配送したい場合は
上記10箇所のいずれかのFBA倉庫に
商品を納品するようにしてくださいね!

 

無地ダンボールサービスの申請方法

 

 

無地ダンボールサービスの
申請方法はAmazonへ
メールをすることになります。

 

申請メールの内容は
テンプレートをご用意しましたので
これを参考にしてみてください。

 

送り先アドレス:
 
jp-fba-mcf@amazon.com

 

申請用テンプレ:
 
件名(Subject):無地ダンボールの利用申請
内容(content):下記の2点を記載してください

  1. 出品者様の正式名称(Legal Name)
    ショップ名:[ ]
  2.  

  3. セラーセントラルにご登録いただいているEメールアドレス
     (Seller central log-in E-mail address)
    アドレス:[ ]

 

申請が完了すると
下記のようなメールが届きます。

 

メール例

 

以上が無地ダンボールを
使うときの設定方法になります。

 

FBAを使って、Amazon以外の
他媒体での販売を考えているのでしたら
マルチチャネルを使用すると思います。

 

その場合「無地ダンボール」
を、使用しない手はないです!

 

物販でビジネスをしていく上で
トラブルやクレームが起きる前に
それらを避けることは重要です。

 

起きてから対応するのではなく
そういったことが起きないように
備えておくのが販売者としての務めです。

 

たかがダンボールのロゴぐらい
などと思うかも知れませんが
お客様からしたら気になるものです。

 

パフォーマンスを向上させる
ためにも、実践してみてくださいね!

 

Amazon以外の販路を考えている方は
ぜひ、この記事を参考にしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です